LINEでお友達になりませんか?
LINE限定情報や無料プレゼントを配信!

友だち追加

痩せる筋トレメニューを徹底シェアします!

Pocket

Full length of young man doing pushups on black background

痩せるには筋トレが効果的だということは
あなたも聞いたことがあると思います。

しかし、なぜそれが効果的なのか、
そして「痩せる」に特化した筋トレメニュー
どう組めばいいのか?

ということについてお話ししていきます。

筋トレで痩せる理由

筋トレをすると痩せるのは、
筋肉の量が増えるとその体の代謝が上がるからです。

痩せるために大切である基礎代謝が上がるのです。

基礎代謝とは、普段から消費しているエネルギーのことで
消費カロリーなんて言われたりもします。

基礎代謝が上がれば上がるほど
消費カロリーは増えていくということです。

なぜ筋トレで基礎代謝が上がるのか?

筋トレをして筋肉量が増えると、
なぜ基礎代謝が上がるのか?

以下の内訳をご覧ください。

基礎代謝の内訳

・肝臓:27%
・脳:19%
・筋肉:18%
・腎臓:10%
・心臓:7%
・その他:19%

(参照:FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告1989年)

この割合を見ると、内臓が一番消費され、
続いて脳、筋肉が多くエネルギーを使われています。

そして、この中で唯一
大幅に増やすことが出来るのが筋肉です。

脳を大きくすることはできません。

内臓はというと、デトックスしたり
食事の内容や回数などである程度、
消費カロリーを増やすことができます。

が、最も消費カロリーを増やせるのが筋肉です。

なので、筋トレをして筋肉量を増やすと
基礎代謝が上がり、消費されるカロリーが増えるのです。

痩せるための筋トレ

部分痩せと言われるものがあります。

例えば、お腹の脂肪を落としたいと
腹筋運動をひたすら頑張るというものです。

しかし、あれはナンセンスです。

多くの人が知っている腹筋運動では
お腹を凹ませる効果は薄いです。

効果が無い、というわけではありませんが
筋トレは全身をバランス良く行います。

お腹の脂肪を落としたい人も
スクワットを取り入れるようにしていきます。

全身の中でも太ももにある筋肉量が最も多いです。

なので、その太ももを筋トレで鍛えること
痩せる体になりやすいということです。

痩せる筋トレメニュー

それでは、痩せることに比重を置いた
筋トレメニューをご紹介します。

すべて、自宅の部屋で気軽に出来る
自重トレーニングになっています。

痩せる筋トレをする上で、最も大切なのが
『継続できること』になります。

なので自宅で続けられる筋トレをこなして
確実に痩せて太りずらい体質にしましょう。

もちろん、参考にしていただいて、
自分の好きな種目を混ぜてもよろしいかと思います。

タオルローイング(15回×3セット,インターバル60秒)

スクワット(15回×3セット,インターバル60秒)

クランチ(10回×3セット,インターバル60秒)

プランク(30秒,40秒,60秒)

フットアップ(30~60秒×3セット,インターバル90秒)

これらは、すべて道具を使わずに
自宅で出来る筋トレメニューです。

タオルローイングも、万が一タオルがなくても
できてしまいます。

体の中で比較的大きな筋肉を
満遍なく筋トレできるので、
効率良く痩せていくことができます。

また、自重で行うので
筋肉がつきすぎるということもありません。

(もちろん、自重でもフォームや呼吸などで
筋肥大を行うことはできます。)

筋トレの最後に有酸素を持ってくることで
最初に行うよりも脂肪燃焼効果を発揮できます。

このメニューを週3回、
1ヶ月続けてみてください。確実に痩せます。

少しずつでいいのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

それではまた!

LINEでお友達になりませんか?
LINE限定情報や無料プレゼントを配信!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です